製図機の自動化は、多くの操作に不可欠です。 Smartplayのソリューションシステムを使用すると、描画イベントを自動化し、任意のWebブラウザからマシンを制御できます。 

ソリューションコントローラーのロゴ

Solution Controllerは、抽選機内に配置された組み込み制御システムであり、リモート操作とデータ転送を可能にします。 

SmartControllerはマシン上のセンサーに接続され、ドローのすべての側面でボールの値とデータを収集します。 Solution Controllerは、イーサネットを介して外部からソフトウェアシステムに接続します。 マシンはボタンコントロールパネルを使用していつでも手動で制御できますが、コントローラーを使用すると、次のXNUMXつのオプションのいずれかを使用してマシンを制御できます。

ソリューションワークステーションは、主に毎日または毎週抽選を行う従来の宝くじで使用されます。 これにより、XNUMXつまたは複数のマシンのゲームをスケジュールし、抽選結果をローカルデータベースに保存し、抽選レポートを生成できます。 

  • ボールの値を含むすべての宝くじ抽選イベントの詳細をキャプチャします
  • 図面レポートを生成し、図面データをUSBドライブにエクスポートします
  • FCCおよびCEの承認を受け、R&TTE指令99/5 / ECに準拠しています

Solution Connect Serverを使用すると、任意のWebブラウザーから任意の数の描画マシンを制御できます。 サーバーは、マシンとサーバーが信頼できるWeb接続を備えている限り、どこにでも配置できます。 ゲームを自動的に実行するように構成することも、Webインターフェイスを介して手動でゲームを開始することもできます。 すべてのゲームプレイデータと描画結果はPostgreSQLデータベースに記録され、イベントの通知は電子メールで送信されます。

  • SolutionController対応のドローマシンに接続します
  • 秒まで正確なスケジュールでゲームを実行します
  • 結果をSQLデータベースに記録します(冗長性のために複数可)
  • 重要なイベントやレポートの電子メール通知を送信します。
  • 時間をNTP(ネットワークタイムプロトコル)と同期させます。
  • 1台のサーバー上で複数のマシンの監視/制御を実行可能
  • ウェブブラウザ経由で設定する