XNUMXつのキャビネットにXNUMXつのチャンバーを備えたPhoenixIIドローマシンは、自動またはインタラクティブに操作できます。

より大きなチャンバーは、最大80個のボールを混合し、最大6個のボールを選択するように設計されています。 小さい方のチャンバーは柔軟性があり、宝くじは最大15個のボールを表示して混合し、1個のボールを選択できます。

運用上の特徴

  • インタラクティブまたは自動操作で利用できます。
  • マイクロプロセッサは、個々の要件/ゲームの公式への適応を可能にします。
  • 混合時間。
  • 選択したボールの数
  • 選択したボール間の時間間隔。